腰部脊柱管狭窄症と診断された症状が鍼で奏功した一症例|手術が必要だと言われたのに、なぜ鍼で効果があったのか

腰痛の8割近くが原因が不明とのこと。 レントゲンやCT、MRIなどの画像検査で、椎間板ヘルニアとか腰部脊柱管狭窄症など病名が付けられるが、症状と画像による所見の因果関係が疑わしいことも少なくない。40歳を過ぎれば、骨の変形が見られても不思議ではないわけであり、教科書にあるようにきれいに骨が並んでいることの方…