超音波装置で軟部組織を動的に観察することで鍼の効果が視覚的に評価できる?

超音波装置(エコー)の画像を見て筋や靱帯、脂肪、骨、神経、血管、ファシアなどの軟部組織を識別できるようになるには少々訓練が必要であるが、分かるようになるとエコーを使用することでいろいろと発見がある。触診による情報と比較すると微妙に食い違っていたり、圧痛や硬結の深さや部位を再確認することが可能である…