鍼灸鷄肋ブログ

鍼灸に関する内容や日々の出来事を紹介します。世田谷区祖師谷「鍼灸指圧自然堂」から発信しています。

挿絵に見る江戸の鍼灸

石川英輔氏の「実見 江戸の暮らし」の冒頭に次のようなことが書かれている。

特に「ごく普通のこと」を知るのは、とてもむずかしい。江戸時代のように多くの資料が残っている時代でも、資料から実態を読み取るのは難しいのである。(中略)昔の人がわざわざ文章に書いて残すのは、「普通でない」ことが多いからだ。

鍼灸の古典文献で身体(からだ)が描かれているのは経絡図や経穴の位置を示した図などの類で、鍼灸師の姿は肖像画ぐらいであろう。当時の人々の暮らし、日常生活が描かれているような資料から、鍼具や手技などについて分かることもあるのでなないだろうか。ということで、いくつか資料を探してみた。

f:id:zhenjiu:20130720195824j:plain

 

「針師」十四経を考(かんがへ)て浮沈補瀉の術あり。打針撚針管針等品々の流あり。天子の針師をば針博士と号す。

「人倫訓蒙図彙」(じんりんきんもうずい)
元禄3年(1690年)に出版された、著者不明の風俗事典である。上方を中心とする地域の風俗や職業について紹介されているので、江戸とは異なる部分があるかもしれない。図の鍼箱には打鍼で用いるような槌が見える。また、手技は撚鍼(ひねりばり)で腹部への刺鍼が行われている。

 

f:id:zhenjiu:20130720204400j:plain

「鍼毉」(はりたて)

古は砭石をもって鍼とした。黄帝は岐伯に命じて九鍼を制作させた。これがその初めである。また、後晋の皇甫謐(こうほひつ、215-282年)は「甲乙経」および「鍼経」を著し、こうして鍼法は大いに行われた。徐文仲・狄梁公は共に鍼に妙であり(すぐれていた)。およそ鍼には補瀉の法がある。先ず左手でその所を捫摸し、ついで大指の爪を用いてそこを重く按え、切にその穴を搯し、右の手を穴の上に置く。そして補瀉の法を行う。(意訳)

「和漢三才図会」(わかんさんさいずえ)
大坂の医師寺島良安により正徳2年(1712年)に出版された日本の類書である。今でいうところの百科事典のようなものである。
図に描かれている鍼師は鍼を口に咥えているのであろうか。現在であれば衛生上問題であるが、「鍼灸抜萃」の中にも鍼を口にふくみ温針ならしめ云々との記載がある。また、床に置かれた鍼具は管鍼の管と打鍼の槌であろう。今では打鍼法を使う人は多くはないが、当時は一般的な治療方法であったのかもしれない。蛇足ながら、管鍼と打鍼は日本のオリジナルである。

実見 江戸の暮らし (講談社文庫)

実見 江戸の暮らし (講談社文庫)