鍼灸鷄肋ブログ

鍼灸に関する内容や日々の出来事を紹介します。世田谷区祖師谷「鍼灸指圧自然堂」から発信しています。

トリガーポイントについて考える

ここ数年、筋骨格系の痛みに対して「トリガーポイントの注射を受けたけど…」という患者さんが時々来院される。どうやら、ペインクリニックや整形外科でトリガーポイントの注射を行うところが増えているらしい。しかし、よく話を聞いてみると、普通のブロック注射であったり、神経の走行に沿って注射をしていたり、触診をせずに患者さんが訴える痛いところに2,3か所注射を打ったりと、方法がまちまちであるような印象を受ける。

トリガーポイントの存在については以前から知られていたが、TravellとSimon'sの共著『Myofascial Pain and Dysfunction The Trigger Point Manual 』(1983年)によって世界的に認知されるようになった。奇しくも本著を日本語に翻訳された川原群大先生は、私が学生だった頃、渋谷の鍼灸学校で解剖学の講義を担当されていた。そんな出会いもあって、20数年前からトリガーポイント療法について聞き知ってはいたが、鍼灸師の間では今ひとつ話題になることは少なかったように記憶している。トリガーポイントは鍼灸の経穴(つぼ)・経外穴と一致する所も多いので、当時はそれらを西洋医学的に説明したという認識だったかもしれない。経験の多い鍼灸師やマッサージ師であれば、日々の臨床の中で本書で紹介されているトリガーポイントの多くを使用しているであろう。しかし、本著をよく読むと関連痛を生じるトリガーポイントについては、経絡の流注と一致しない部位にあるものもあり、いろいろと発見がある。

トリガーとは英訳そのまま、”引き金”という意味である。その特徴は筋肉の索状硬結に生じ、活性化するとある部位に持続的な関連痛を発生する。このトリガーポイント由来の痛みを筋筋膜性疼痛症候群(myofascial pain syndrome.MPS)と呼んでいる。

特記すべきは、従来の損傷モデルにより痛みが生じているのではなく、軸索硬結にできた活性化したトリガーポイントが痛みの原因であるという点にある。

この説明では分かりにくいので坐骨神経痛を例として簡単に整理しておこう。

「従来の考え方」

臀部・下肢の痛みやしびれは坐骨神経痛とされることが多いが、その原因は坐骨神経がどこかのレベルで圧迫・障害されることによって生じると考えられている。画像診断により脊椎や椎間板に問題があれば、椎間板ヘルニア・すべり症・脊柱管狭窄症・変形性脊椎症などと病名がつけられる。

「トリガーポイントの考え方」

骨の変成により、神経根が圧迫されて痛みが生じるのではなく、筋肉内のトリガーポイントが痛みの引き金になっているという理論である。よって、その治療は活性化したトリガーポイントに対して注射(局所麻酔)・鍼・マッサージなどを行う。

f:id:zhenjiu:20130819173933j:plain

 

引用『Myofascial Pain and Dysfunction The Trigger Point Manual 』

(つづく)

Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual

Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual