読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍼灸鷄肋ブログ

鍼灸に関する内容や日々の出来事を紹介します。世田谷区祖師谷「鍼灸指圧自然堂」から発信しています。

「アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)」と「腎」の関係|コルチゾールの減少が腎虚の一因か

1.アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)とは

ストレスや疲労による副腎機能の低下は、うつ症状にも似たさまざまな症状を招くが、従来の検査をしても異常がないことが多い。なかなか疲れが取れない、なんとなく身体がスッキリしない、やる気が起こらない等の半健康状態にある。この概念は1800年代にすでに報告されていたが、未だ一般的に認知されるに至っていない。非アジソン病副腎機能低下、無症状性副腎機能低下、神経衰弱症、副腎神経衰弱症、副腎無気力症、副腎疲労症候群などを総称 して「アドレナル・ファティーグ」と定義している。

Dr.ジェームズ・L・ウィルソン氏の著書『医者も知らない アドレナル・ファティーグ(邦題)』では副腎機能とホルモンのバランスの乱れが健康に及ぼす影響について詳しく述べられており、その特徴として下記のような症状を上げている。

  • 朝起きるのがつらい
  • 疲れが取れない
  • 塩辛い食べ物が無性に欲しくなる
  • 倦怠感(エネルギー不足)
  • 日常的なことが、とても疲れる
  • 性欲の低下
  • ストレスに対処できない
  • 病気や怪我、外傷(トラウマ)から回復するに時間がかかる
  • 頭がクラクラする
  • 人生のすべてが虚しい
  • PMS(月経前症候群)の悪化
  • カフェインがないと、仕事ができない
  • 思考が定まらず、ボーっとする
  • 記憶があやふや
  • 午前10時まで目覚めない
  • 午後3時から4時の間はぼんやりしている
  • 夕食後、やっと元気になる
  • 仕事がはかどらない

 2.副腎とは

f:id:zhenjiu:20140319125101j:plain

副腎は腎臓の上部に位置しており、形状は小さいながら多種のホルモンを分泌する重要な臓器である。皮膚疾患や炎症を抑える薬で有名なステロイドホルモンはこの副腎皮質で作られている。

副腎は皮質と髄質の二層構造であり、副腎皮質ホルモンには体液のバランスをコントロールするアルドステロン、糖質コルチコイド(コルチゾール)、性ホルモン(アンドロゲン)がある。また、副腎髄質ホルモンにはエピネフリン(アドレナリン)、ノルエピネフリンノルアドレナリン)などがある。

アドレナル・ファティーグのカギとなるのは副腎皮質ホルモンのコルチゾールである。別名ストレスホルモンとも称される。生体にストレス(正確にはストレッサー)がかかると視床下部-下垂体-副腎系を介してコルチゾールを生産する。しかし、継続的にストレスがかかると副腎が疲労してコルチゾールの分泌量が減少し、さまざまな症状が生じることとなる。

コルチゾールの作用は多岐にわたり、血糖濃度の正常化、抗炎症効果、白血球への影響、循環器や中枢神経系への作用などがある。

3.アドレナル・ファティーグからの回復

重要な点は生活習慣(ライフスタイル)の見直しにある。飲食や思考、信念にも左右される。このあたりも本書に詳しく書かれている。特別なことが説かれているわけではないが、現代人にとってはなかなか継続的な実行が難しいことも多い。アドレナル・ファティーグにとってコーヒー(カフェイン)は大敵とされるが、珈琲党にとっては決断しづらいところである。

参考までに本間良子著『しつこい疲れは副腎疲労が原因だった』「回復のために今日からできる7つのこと」から以下に引用する。

  1. 朝、コップ一杯の塩水を飲む
  2. ビタミンB群を摂る
  3. タンパク質と野菜・果物をたくさん摂る
  4. 5分でいいから昼寝をし、夜は極力11時までに寝る
  5. 小麦と砂糖、牛乳を減らす
  6. 毒素を摂らず、排出する
  7. ストレスをコントロールする

4.「腎」の働き

鍼灸医学でいうところの「腎」は、現代医学の「腎臓」のことではなくその働きをさす。「腎」の主な働きには、精を貯蔵しておく蔵精、水液代謝を調整する主水、吸気を肺から腎に降ろして納める納気がある。

「腎」の病症については腎陽虚、腎陰虚、腎気不固、腎精不足などに分けることができる。腎陽虚(腎精不足)によるものは、足腰の冷えとだるさ・手足の冷え・泄瀉・精神萎縮陽萎遺精不妊などがあげることができる。また、腎陰虚では遺精・無月経・眩暈健忘・聴覚や視力、歯の衰えなどが見られるようになる。

「腎」の病症と「アドレナル・ファティーグ」の症状を比較してみると共通点が多いことがわかる。また、塩辛い食べ物が無性に欲しくなるというところも興味深いところである。

中国伝統医学では陰陽論や五行論によってからだの働きを考えている。五行論では木火土金水の5つの要素にカテゴライズするわけである。五臓でいえば肝は木、心は火、脾は土、肺は金、腎は水となり、五味では酸は木、苦は火、甘は土、辛は金、鹹(しおからい)は水となる。つまり、腎は鹹(塩辛い)性質と相関関係があるということである。

塩辛い食べ物が無性に欲しくなる理由について前書では次のように説明がされている。副腎髄質のホルモンであるアルドステロンは、血液や細胞、細胞間の体液量やナトリウムやカリウムなどのミネラルの濃度を調整する働きがある。アドレナル・ファティーグによりアルドステロンの分泌量が減少するとナトリウムが水分と共に尿として排出されてしまい、その結果、細胞内のナトリウムが不足し、また、カリウムとの平衡を保つためカリウムも減少する。そのため、アドレナル・ファティーグになるとポテトチップスや味の濃い塩辛いものを欲するようになる。無気力になったり、立ちくらみがするようになるのもナトリウム不足が原因である。

5.鍼灸による「アドレナル・ファティーグ」へのアプローチ

ストレスは「肝」との繋がりがよく指摘されるが、アドレナル・ファティーグは「腎」との関係でアプローチすることができるのではないだろうか。

それほど単純なものではないであろうが、今後の課題としたい。。

医者も知らないアドレナル・ファティーグ―疲労ストレスは撃退できる!

医者も知らないアドレナル・ファティーグ―疲労ストレスは撃退できる!

  • 作者: ジェームズ・L.ウィルソン,本間龍介,本間良子
  • 出版社/メーカー: 中央アート出版社
  • 発売日: 2011/05/06
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る