鍼灸鷄肋ブログ

鍼灸に関する内容や日々の出来事を紹介します。世田谷区祖師谷「鍼灸指圧自然堂」から発信しています。

腰部脊柱管狭窄症と診断された症状が鍼で奏功した一症例|手術が必要だと言われたのに、なぜ鍼で効果があったのか

f:id:zhenjiu:20151201122324j:plain

腰痛の8割近くが原因が不明とのこと。

レントゲンやCT、MRIなどの画像検査で、椎間板ヘルニアとか腰部脊柱管狭窄症など病名が付けられるが、症状と画像による所見の因果関係が疑わしいことも少なくない。40歳を過ぎれば、骨の変形が見られても不思議ではないわけであり、教科書にあるようにきれいに骨が並んでいることの方がむしろ稀であろう。

もし、骨に問題があるのであれば、細い鍼を刺したぐらいで症状が寛解するわけがない。つまり、痛みやしびれの原因は骨の変形にあるのではなく、筋や筋膜などの軟部組織によるものが多いのではないかということである。

【症例】70代、男性、一か月前より腰が痛くなり、からだをまっすぐに伸ばすことができない。伸ばそうとすると、臀部から大腿部への放散痛がある。からだを曲げて杖をついていれば、歩行は可能とのことである。じっとしていれば痛みはそれほど気にならないとのこと。夜間痛、自発痛はなし。

整形外科を受診、「腰部脊柱管狭窄症」との診断。オパルモンを処方される。症状の改善がみられないということで、手術を勧められたが、保存療法での治療を希望。「鍼でもしてみたら。。」という知人の紹介で半信半疑な様子で杖を突きながら来院された。

初回:うつ伏せ(腹臥位)になることが辛いので、横臥位にて治療を開始。腰背部、臀部、下肢にかけての筋緊張が強く、知覚も過敏になっていた。腰を伸ばすことができないために、不安定な姿勢や動作により臀部や下肢に負荷がかかっているようである。からだを曲げていれば歩行が可能ということであるので、腰部脊柱管狭窄症の特徴である間歇性跛行とは一致しない。おそらく、大腰筋が原因ではないかと推測した。鍼を受けることが初めてとのことであったが、大腰筋に対して刺鍼を行った(ズドーンとけっこう響きます)。

f:id:zhenjiu:20151201162110j:plain

二回目:一週間後来院。腰が随分伸ばせるようになり、姿勢がよくなったとのこと。触診すると、腰背部や臀筋の緊張は前回よりも緩んでおり、圧迫した時の痛み(知覚)も軽減されていた。

三回目:一週間後来院。杖をつかずに来院された。姿勢もまっすぐになり、症状もNRS10→1ほどになったとのこと。側屈がつっぱるということで、腰方形筋に対して刺鍼を加えた。

大腰筋の刺鍼の方法については、木下晴都『最新 鍼灸治療学』で紹介されている。その中で機序について次のように書かれている。

長鍼を用いて、8㎝内外刺入したが、その効果は6㎝刺した場合と同様であった。この結果から考えると、この傍神経刺は軸索反射ではなく、大腰筋前後の求心性神経を刺激して、視床下部で反射し、血管拡張神経を介する体性ー自律神経反射が生じ、筋内の血管を拡張させ、筋緊張が緩解されたものと推定される。

理由はともあれ、6㎝でも8㎝でも効果が変わらないとすると、6㎝の位置が重要であるということになる。大腰筋は腰方形筋と横隔膜、腸骨筋、小腰筋と連結しており、腸骨筋は大腰筋と大腿筋膜腸筋、恥骨筋と連結している。6㎝の位置はちょうど筋膜(ファシア)で覆われている。これらが重積したり肥厚することにより、滑走性が悪くなり、可動域の制限や、疼痛を生じる原因になっていると考えることができるのではないだろうか。

 

最新鍼灸治療学 上巻

最新鍼灸治療学 上巻

 
鍼灸指圧自然堂

http://harikyu-jinendo.jp/

小田急祖師ヶ谷大蔵駅下車徒歩2分。
冷え症にはお灸がおススメです。頑固な凝り、痛みとしびれ、ストレス関連疾患、胃腸障害(胃弱、便秘、下痢、IBS、GERD…)