鍼灸鷄肋ブログ

鍼灸に関する内容や日々の出来事を紹介します。世田谷区祖師谷「鍼灸指圧自然堂」から発信しています。

ストレッチをやりすぎるとパフォーマンスが落ちる?

f:id:zhenjiu:20170526152807j:plain

ストレッチの方法と効果について

先日、何気ない会話の中で、ある若いダンサーの人がこんな話をしていた。「舞台の前にマッサージとストレッチをしたところ、からだが緩みすぎて軸が定まらなかった。」というのである。

ダンスだけでなく、多くのスポーツでストレッチは練習のプログラムに取り入れらているのではないだろうか。その目的は、柔軟性の向上や関節可動域の改善、怪我の予防、疲労回復など、また、関節拘縮や血液循環の改善、筋ポンプによる浮腫や冷えの改善、リラクゼーションなどの効果も期待できるであろう。

しかし、その方法については経験的な要素も多く、また年齢や性別、運動をしているかいないか、怪我や痛みの有無など個人差がある。「心地よい刺激で」とか「痛いのは我慢しない」「呼吸を意識して」「同じポーズを長く行わない」など定量化できない説明も多い。

静的ストレッチングと動的ストレッチング

ストレッチングは静的ストレッチングと動的ストレッチングに大きく分けられる。一般的に行われているものは、ゆっくりと反動をつけずに可動域のぎりぎりまで伸ばして、しばらく呼吸をしながら保持するもので静的(スタティック)ストレッチングと呼ばれるものである。

一方の、動的(ダイナミック)ストレッチングは、反動をつけて筋腱を伸張する方法である。サッカー選手が試合前に太ももを上げながら、ウォーミングアップをしている様子がテレビでも放映されるが、脊髄運動神経を興奮させる意味もあるようだ。

ダンサーの人が受けたのは、静的ストレッチであるので、柔軟性の改善は期待できるものの直後の筋力が低下し、運動パフォーマンスが落ちた可能性がある。ある報告によると、静的ストレッチによる筋力低下は数分間とあるが、ストレッチングによる自律神経への作用も影響していたのかもしれない。試合や舞台の前は、動的ストレッチング、終了後は静的ストレッチとの使い分けが必要といえそうである。

ストレッチと筋膜(ファシア)リリース

ストレッチは筋肉を伸ばすと考えている人も多いと思うが、伸びているのは筋肉を覆っている筋膜(ファシア)かもしれない。ファシアには感覚受容器が多く存在しているので、伸びている感じや痛みはファシアがリリースされている結果なのかも。

ストレッチはスポーツをする人だけでなく、多くの人に有益な効果が期待できる。年を取ると体が硬くなるといわれるが、座位や同じ姿勢での長時間労働や運動不足などによる筋の拘縮、加齢による水分量の低下などがその要因となる。

ストレッチと共に筋膜リリースも最近注目されているが、リリースをするには鍼で筋膜をはがして、マッサージをするのがより効果的である。

こちらの記事も参考にしてください。

zhenjiu.hatenablog.com