読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍼灸鷄肋ブログ

鍼灸に関する内容や日々の出来事を紹介します。世田谷区祖師谷「鍼灸指圧自然堂」から発信しています。

ダンサーの腰痛|その練習法は間違っているかもしれない

ダンスのジャンルはさまざまで、その内容(動き=使う筋肉)や練習法によってトラブルの生じやすい部位も異なってくる。バレエやコンテンポラリーダンスなどでは、足関節や膝、腰背部などの障害が比較的多くみられる。

その原因には、怪我やオーバーユース(使い過ぎ)、新しい動きや振り付けの時に身体の緊張が抜けずに筋肉がこわばったり、痛めてしまうものなどがあげられる。そして、その多くは筋肉や筋膜由来のものである。

ここでは初心者によく見られる腰痛について考えてみたい。

f:id:zhenjiu:20131118172438j:plain

子供のバレエ教室では、上半身を反らすと上海雑技団のように額につま先がくっつく光景も見られるが、大人になってから始められた方や始めて間もない方は背中が攣ったり、次の日に筋肉痛になることもあるのではないだろうか。反動をつけたり、無理をすると腰痛になる恐れもあるので、注意が必要である。

 

f:id:zhenjiu:20131118181410j:plain

 

早く上達したいとか、他の人と比較して頑張ってしまうのであろうが、見た目は同じようでも行っていることは全く違うことがある。上図は背中を反らせたときのイメージを線で画いてある。

腰部から上の直線は背中が緊張して板のようになっているので頭の位置は同じでも腰に負担が多くかかっている。一方、曲線を描いているものは、背骨からきれいに反れているので、腰への負担が少ない。「背骨を一つ一つ感じて。」とか「背骨で呼吸しましょう。」などは抽象的な言葉であるが、内側で感じる練習は重要である。もちろん、柔軟性(ストレッチ)も大切である。

レッスン後の腰痛や関節部の痛みは練習法に原因があるかもしれない。心当たりのある方は、一度内容を見直してみてはいかがだろうか。「ローマは一日にして成らず」である。長く続けるためにも、怪我のリスクを除くことは必要である。

筋肉や筋膜由来の痛み、筋肉の張りやこわばりには、鍼灸(はりきゅう)やマッサージが有効である。是非一度、お試しを!