鍼灸鷄肋ブログ

鍼灸に関する内容や日々の出来事を紹介します。世田谷区祖師谷「鍼灸指圧自然堂」から発信しています。

シンプル イズ ベスト|足三里の世界

f:id:zhenjiu:20160608111751j:plain

一般的にツボといわれるものは経穴と呼ばれ、正穴と奇穴に分類される。経穴の総数は時代と共に多少の変化はあるが、現在、WHOでは361穴としている。また、特効穴や新穴などを合わせて腧穴とも称される。WHOに認定されていない腧穴も多くあるので、全体の総数は不明である。夜空の新たな星を命名するように、現在も新たな腧穴が生まれているのである。

さて、その中で代表的なツボのといえば多くの鍼灸師が「足三里」を上げるであろう。まさに、King of "TSUBO"である。

足三里の名称の由来は二つある。一つは「里」を一寸と解釈するもので、『甲乙経』の「膝の下三寸、骬の外廉に在り」に見られるように、三寸という経穴の位置を表すものである。そして、二つ目は「里」を「理」と解釈し、調えると考えるものである。腹部を上中下の三部にわけて、腹部の諸症をまとめて治療を行うことができるとしている。

古く中国では腧穴を暗記しやすいように、歌訣・歌賦などが作られた。「四総穴歌」では次のように記載されている。

肚腹三里留(肚腹、三里に留め)

腰背委中求(腰背、委中に求む)

頭項尋列缺(頭項、列缺に尋ね)

面口合谷収(面口、合谷に収む)

『針灸大成』には足三里の主治として以下のようにある。これを見るとその応用範囲は非常に広いことがうかがえる。また、その書の中で秦承祖は「諸病皆治」と述べている。

主胃中寒 心腹脹満 腸鳴 蔵気虚惫 真気不足 腹痛食不下 大便不通 心悶不已 卒心痛 腹有逆気上攻 腰痛不得俯仰 小腸気 水気蛊毒 鬼击 痃廦 四肢満 膝[月行]酸痛 目不明 産婦血晕

これらを簡単にまとめると次のようになる。

1. 補中益気の作用

中気不足や胃弱、術後、慢性的疾患病などで体力が低下している状態の改善。氣逆を降ろし胃腸の働きを調える働き。また、強壮作用や食欲増進、養生法としても効果が期待できる。漢方薬補中益気湯があるが、鍼の配穴では足三里・内関・中脘が相当すると言われている。

2. 鎮痛作用

気滞、血瘀、寒湿、食滞、気虚、血虚等による腹部の痛みに対しての効果。

3. 止泄作用

脾胃虚弱や虚寒性、食積などによる下痢に対して効果が期待できる。

4. 安神作用

心脾両虚による不眠やリラックス効果、痰火や熱を降ろし、意識や眼をはっきりさせる作用が期待できる。

5. 痺症や痿症に対する作用

片麻痺脚気、腰痛や下肢の痛み、筋肉疲労の改善。

電気のスイッチを入れると明かりが点灯するように、経穴鍼灸や指圧をしても必ずしも効果があるとは限らない。お灸の大家である深谷先生が述べているように、つぼは効くものではなく、効かすものだからである。ここに、施術者の差が出るのであろう。

鍼灸の方法にはさまざまなものがある。奇をてらったもの、秘伝・口伝の類も存在する。このあたりの状況は、現代医学を学んでいる方には理解しずらいかもしれない。

二十数年前、鍼灸学校で最初に刺針した経穴足三里であった。初心に帰って、この誰でも知っている経穴をいかに使いこなすかということが最近のテーマとなっている。

鍼灸指圧自然堂

http://harikyu-jinendo.jp

小田急祖師ヶ谷大蔵駅下車徒歩2分。
頑固な凝り、痛みとしびれ、ストレス関連疾患、胃腸障害(胃弱、便秘、下痢、IBS、GERD…)

 

針灸経穴名の解説―医療効能と位置

針灸経穴名の解説―医療効能と位置

 
鍼灸学釈難

鍼灸学釈難